CTU

CTU(Carton Transfer Unit)は、高所への入出庫を可能とし作業者の作業負担・歩行距離を減らすことができるロボットです。床に貼られた2Dコードを読み取ることにより移動・ピックアップし目的地まで商品を搬送します。また一度に7つのコンテナを搬送することが可能なため、効率よく入出庫をアシストします。

CTU_MR-F0-30DCSH-A1(HI).png
​■ 特徴
01
保管スペースの削減
5m以上の棚への格納が可能となるため、人作業では届かない空間を有効活用できます。
02
人歩行距離の短縮
運ばれた商品をワークステーションでピッキングするGTP(Goods to Person)機能により、人の歩行時間がなくなりピッキング効率向上が可能となります。
03
複数コンテナ搬送可能
一度に7コンテナを搬送することでCTUの走行距離を減らし、効率的な運用が可能となります。
連携パターン②:保管~ピッキングにおける自動化
IMG_0086.PNG

『CTU+AGV』の連携は、EC(通販物流センター)のような多品種を保管し、少量多頻度で出荷する形態の現場に適している。

入メリット

  • 人作業では届かない空間の有効活用により保管能力を上げる。

  • 商品探しの手間を省き、作業者は同じ場所に留まって作業ができるため生産性向上に繋がる。

  • 出荷頻度の低い商品と高い商品の保管の棲み分けを行うことにより、効率的なピッキング作業か可能になる。